5/20放送の坂上&指原のつぶれない店SPに元俳優の大塚朝之が出演!

番組予告では元俳優のOさんと出ていましたが、調べたところによると

大塚朝之さんだそうです!!

元俳優ですが、大人気珈琲店のオーナーになっています!

大人気珈琲店の名前は『猿田彦珈琲』です!

スポンサーリンク

大塚朝之のプロフィール

生年月日:1981年9月22日

出身地:東京都調布市

身長:172㎝

血液型:AB型

学歴:法政一中、法政一高、法政大学卒

 

15歳から25歳まで俳優として活動し、引退。

友人の勧めで「炭火焙煎珈琲工房『南蛮屋』」で働く。

半年後、コーヒーマイスターの資格取得

 

  • 2011年6月8日 東京・恵比寿に猿田彦珈琲をオープン
  • 2013年12月18日 猿田彦珈琲株式会社を設立
  • 2014年12月5日 豆を専門に扱う恵比寿本店別館をオープン
  • 2015年2月3日 地元調布に2号店となる猿田彦珈琲アトリエ仙川をオープン
  • 2015年10月6日 表参道店をオープン
  • 2015年11月19日 渋谷MODI店をオープン
  • 2016年4月15日 アトレ恵比寿店をオープン
  • 2016年4月28日 ビームスジャパン新宿店をオープン
  • 2017年 トリエ京王調布C館1Fに「猿田彦珈琲 調布焙煎ホール」オープン

 

大塚朝之の経営する猿田彦珈琲店とは??

猿田彦珈琲は恵比寿にある、わずか8.7坪のスペシャルティコーヒー専門店です。

「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」をコンセプトに掲げて2011年6月にオープンしてから3年半、いつもたくさんの客でにぎわい、時には行列もできる人気店です。

とはいえ、手作り感のあるアットホームな雰囲気のお店で、な有名な珈琲店ではなかった。

 

スターバックスコーヒーがすぐにあるという立地になっています。

なぜかと言いますと、大塚さんが最もリスペクトする企業の一つにスターバックスコーヒーがあるからです。

ここの隣で成功したら、その先もっと様々なことができるはずと考え、スターバックスコーヒーの横に猿田彦珈琲店を建てたそうです。

 

スターバックスコーヒーが隣にあったら私だったら売り上げをとられてしまうから・・・

と、その隣に立てようとは思いませんが、大塚さんのようにプラスな考え方もあるのだと驚きです!

大塚朝之の俳優としての出演作は?

『アリア』

『ゼロ 零』

『カクト』

『Departure』

『突入せよ!あさま山荘事件』

『ピンチランナー モーニング娘。』 

 

などがあるようです!

また、スナック菓子のCMに出演したこともあるそうです!

スポンサーリンク

大塚朝之さんの年商は?

大塚朝之さんは現在東京都内に猿田彦珈琲を7店舗を展開しています。

なんとその年商6億円とも言われています。

 

一般的にバリスタが独立開業した場合の年収は、

小さい店舗で400~700万円、大きい店舗で1000万だそうです。

 

このデータを見ると大塚さんがいかに稼いでいるかがわかりますよね?

なぜ、ここまでの収入を得ることができたのでしょうか!

いったい他のバリスタとどのような違いがあるのでしょうか!

母親の味噌汁を見習う大塚朝之さんのコーヒー!

「コーヒーとは無縁の人生でしたが、突き詰めてみて学んだことは、喜んでもらえるのはお客さまのことを考え抜いたコーヒーだと気づきました。そこで思い当たったのが母親の味噌汁です。豆腐とワカメのシンプルな味噌汁で、鰹だしが濃厚に効いているのがポイントでした。母はうまいもの、まずいものがはっきりしていて、みんながおいしいと感じるものは、わかりやすい味わいだと教えてくれた気がします。母は鰹節をふんだんに使い、合わせ味噌でこれぞ味噌汁というわかりやすい香りと風味に仕上げる。必ずおかわりをしたし、不思議と前向きな気持ちになれて……」

 

母親が子供のことを思うように、大塚さんはお客様のことを思ってコーヒーづくりをしているのですね!

スポンサーリンク

大塚朝之の接客はあのスターバックスがきっかけ!

猿田彦珈琲の接客は、スタッフとお客さんの距離が近く友達のようだといいます。

 

「僕らはサービスマンで、サービスをして対価をもらっているので単に美味しいコーヒーを出すだけじゃなく、サービスする人の姿勢、人間的なぶつかり合いがあったか、心と心がつながったか、そこが大切」

と大塚朝之さんは言います。

また、

「僕は東京の仙川出身なんですけど、仙川に住んでいた当時、駅前にあった大手のコーヒーチェーンの店が本当に素敵だったんです。俳優業がうまくいかず、社会とのつながりもほとんどないどん底の生活をしていた時に、コーヒーを買いに行くと店員さんが親身に話しかけてくれた。当時の僕にとってはリハビリみたいなものでしたね。それが、このチェーン店がコンセプトにしている『生活の潤いを与える場所』の本質的な部分だと思うんです。僕のこの体験を人に伝えることが今、時代に求められていると思うので、 彼らとは違うアプローチで、僕らのやり方でお客様に未来を切り開く活力を与えるためにコーヒーを出そうと決めました。お客様から500円をもらって出すのは世界最高のホスピタリティに溢れたコーヒーでなければならないんです」

大塚朝之さんのホスピタリティは大塚さん自身がスターバックスコーヒーでした経験からくるものだったということですね。

 

坂上&指原のつぶれない店SPでも紹介されてさらにお店が繁盛しそうですね!

今後の活躍にも期待です!!

スポンサーリンク