ブリジット・ニールセンが54歳で妊娠したと話題に!!

すでに子供が4人いるブリジットさんですが、新しい夫のデッシさんとの子供を授かったようです!

 

少し前に2017年にジャネット・ジャクソンが第一子を50歳で出産したことが話題になりましたね!

 

ブリジットさんの出産予定はいつなのでしょうか?

 

今回はブリジットさんの妊娠・出産についてまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

ブリジット・ニールセンが54歳で妊娠?【画像】

ブリジット・ニールセンは54歳です。

これまでに産んだ子供4人は、全員成人しているそうです。

 

生まれてくる赤ちゃんは、2006年に結婚した夫、マッティア・デッシとの最初の子供になるそうです!

そして、驚きの妊娠画像がこちら!

View this post on Instagram

happy time ❤️ positive vibes #happyness #positivevibes

A post shared by Brigitte Nielsen (@realbrigittenielsen) on

54歳というのも驚きですが、54歳に見えないのに驚きですね・・・笑

実はデッシさんと結婚してからも子供が欲しくて体外受精を行っていたそうです!

成功して本当に良かったですね!

 

お腹もなかなか大きいですね!!

今何カ月くらいなのでしょうか?

 

ブリジットさんは本当に幸せそうな顔をしていますね!

ブリジット・ニールセンの出産日は?

出産日を調べてみましたが、今のところ明確な情報はなさそうですね・・・

しかし、なかなかのお腹の大きさですから、今年中ということは確実ですね笑

 

お腹の大きさ的に6月とか7月ころくらいになるのでしょうか??

ただ、高齢出産ということもありますので、少し早めに帝王切開という可能性もありますね?

 

54歳となりますと、やはり出産には危険が伴うものでは?と思いますよね?

ブリジットさん大丈夫なのでしょうか・・・

スポンサーリンク

ブリジット・ニールセン出産の危険は?

50代ともなるとなんらかの持病を抱えていたり、その予備軍になっていたりする可能性が高く、妊娠が引き金となって思わぬ体の不調を引き起こすこともある。分娩の際に体が耐えきれず、大量出血することもあり得る。出血は、卵子提供を受けて妊娠した女性に多いといわれ「母体が高齢では子宮などが対応できない」と注意を呼びけているほどだ。

高齢出産では、この流産、早産ともに起こるリスクが高まります。全年齢では10~15%ほどの流産率も、高齢出産では20~25%程度となっています。また、体力も低下しているので、難産の確率も高まります

高齢出産のリスクや危険について調べてみたのですが・・・

見ているだけで怖くなってしまう内容が多いですね。

ブリジットさんが持病などを持っていないといいのですが・・・

 

体外受精をしていたということから、きっとそのようなことはないと思うのですが

無事に出産を迎えられると良いですね!

※追記

現地時間22日にブリジットニールセンさんが無事出産したようですね!!

うまれたのは女の子で体重は2500グラムだったそうです!

少し小さめではありますが、健康に生まれてきてよかったです。

ブリジットさんも出産の危険など心配な部分もありましたが

母子とも無事だったようですね!

 

女の子の名前は「フリーダ」という名前だそうです!

ブリジットさんの今までの子どもは全員男の子ということですから

初めての女の子ということでブリジットさんもうれしいでしょうね!

 

ブリジットさんのように美人に育つと良いですね!

今後の経過も気になるところです!

まとめ

今回はブリジットさんが妊娠したということと、出産日について触れていきました!

 

ブリジットさん54歳ということですから、出産時の危険もないのか?

ということについてもまとめていきました!

 

ブリジットさんの出産が無事に終わると良いですね!

スポンサーリンク