学校ではクラスがかわり、新社会人は会社入社したり

4月から新しい環境になり、新たな友人ができた方もいるでしょう。

 

友人や恋人と会話をしているときに相手のしぐさに注目したことはありますか?

話を聞いてくれていると思っていても、

実はあいては途中からあなたの話を聞いていないかもしれませんよ!

 

そこで、相手がきちんと話を聞いているかの判断を

会話中の相手のしぐさから探っていこうと思います!

 

また、あなたがよくしてしまうしぐさがないか確認してみましょう!

あなたも、もしかしたら会話中にこんなことをしてしまっているかもしれませんよ!

 

会話中の仕草でわかる!心理学

聞いている人

・話に合わせてうなずく

話に合わせてうなずくことはきちんと相手の話を聞いていないとできないことです。

話に合わせてうなずいてくれる相手はあなたの話に興味を持ってくれています。

 

まえかがみ

まえかがみ(前のめり)になってあなたの話を聞いている相手はあなたの話にとても興味があり

話をとても真剣に聞いています。

なので、そして?どうなったの?という気になっている状態が姿勢になって表れています。

 

あいづちを打つ

あなたの話のリズムに合わせてきちんとあいづちを打っている相手はあなたの話をきちんと聞いていると言えるでしょう。

 

・体がこちらを向いている

相手の体がこちらを向いている場合は、聞く意思があるということになります。

 

・顔が少し上を向いている

あなたの表情を伺おうとしている証拠です。きちんと聞く意思があるということですね!

 

目を合わせようとする

あなたの話をきちんと聞いている人は目を合わせてこようとしてきます

興味のない話を聞くときに目を合わせる人はいませんよね?

 

聞いていない人

・「なるほど」を多用する人

少しの使用なら話をきちんと聞いているよというアピールになるのですが

「なるほどなるほど」など多用してくる場合は、「もう分かったから」と

話を早く終わらせてしまいたい意思の表れです。

 

・こちらを見ない

どこかをそっぽ向いてしまっている場合、そもそも話を聞く意志がない表れです。

 

微笑みがない

無表情で話を聞いている場合は話に興味がない状態を表します。

話に興味がある人は聞いているときに表情に喜怒哀楽が出ます。

 

・あいづちが非常に多いor全くない

聞いているというアピールをしようとしてあいづちが多すぎる場合です。

「うんうん」など連続してつかうものを多用する場合は、

途中から聞き流してしまっている場合が非常に多いです。

 

もしくは、そもそも聞く気がないのであいづちもほとんどない場合があります。

 

話している途中でこの仕草がでたら要注意!

話に飽きるとしがちなしぐさ!

頬杖をつく

話を聞くことにつかれてしまった時によく出てしまうしぐさです。

 

大げさなリアクション

本当は退屈なのにそれを隠そうとして、大げさにリアクションをとってしまいがちです。

 

・周りを見渡す

話に興味がなくなってしまって集中できていない証拠です。

時間を気にしている場合もあります

 

・背もたれにもたれかかる

話に興味があるときは人は自然と前傾姿勢になるものです。

途中で興味がなくなってしまった場合に、背もたれにもたれかかってしまいます。

相手が背もたれにもたれかかったら話題を変えてみましょう!

 

・カバンをあさる

特に理由がないのに相手がカバンをあさりだしたら要注意です!

話に興味がなくなってしまって、別のことに興味が移ってしまいそうですね。

 

・やたらとうなずく

話の内容をきちんと聞かず、ただただうなずくのは早く話を終わらせたいという意思の表れです。

 

まとめ

話しているときについつい自分がしてしまうしぐさがあったのではないでしょうか??

よくよく考えてみると、失礼なことをしてしまっていたりしますよね。

 

自分が話を聞くときは気を付けたいポイントですね!

 

相手が会話に飽きてしまった様子でしたら、会話の話題を変えるのが得策ですね!

 

今度は聞き手になってみましょう!!聞き手になる↓

新一年生は第一印象が大事!楽しいと思われる話を聞くコツ!心理学

 

スポンサーリンク