新入社員が入社してから1カ月経とうとしていますね。

まだまだ新入社員の教育が大変な時期ですね!

 

新入社員を教育する時に必ず直面するのが注意することですよね?

そこで、注意したあとに他のところで上手に褒めてあげることや

日々の努力に気づいてあげて褒めてあげると

新入社員のモチベーションも上がりますね!

 

褒めるときのポイント!!効果的な褒め方!

 

・大勢の前で褒める

本人の前だけで褒めるのももちろんいいのですが、周りの人が見ている場所で

発表するように褒めることによって

少し恥ずかしいと思いながらもとてもうれしく思いますよね?

 

みんなに認めてもらえているような気がして自分に自信が持てますね!

 

・みんなが気づいていないところを褒める

事務仕事でいつもキーボードを打っているが、字を書いていた時にその字がとても綺麗だとしたら

そこでとても「字が綺麗ですね」と褒めてあげましょう!

 

仕事をするのが遅いがミスをしない新入社員がいたとしたら

ミスのチェックをしているときに

君がいつもミスをしないのはきちんと見直しをしているからなんだね!素晴らしいことだね!

と褒めてあげましょう!

 

普段褒められないことを褒められるととてもうれしいですよね!

 

・内面を褒めること

見た目仕事内容を褒めるのもいいのですが、その人の内面性格を褒めてあげるといいですね!

 

いつも頑張っているね」、「あなたはとてもやさしい人だね」など

その人の努力していることや、内面を褒めてあげるといいでしょう!

 

努力していることを気付いてもらえたら、「この人は気づいてくれているんだな

と思ってもらえます。

 

そして、努力に気づいてもらえることがわかると人間はまた褒めてほしくなり努力をするものです!

仕事にも精が出ていいですね!

 

・自信を持てるように褒める

一番初めの大勢の前で褒めるのもとても大切です。

他には、その人の仕事ぶりを褒めたり、その人がひそかに努力していることを褒めるといいでしょう!

 

最近では自分に自信を持てない人が多いです。なので、自信を持てるように褒めてあげましょう!

自信を持てるようになると積極的に仕事に取り組むことができたり

自分の意見を言えるようになりますね!

 

・間接的に褒める

直接褒められるのももちろんうれしいのですが

陰で褒めてくれているとわかる方がうれしいですよね?

 

陰で褒めてくれているということは本人の前でだけ褒めているわけではなく

心からそう思っているから影でも褒めてくれているということがわかりますね!

 

第三者に「○○さん最近頑張ってていいね!」と言ったらほとんどの場合

この前上司が君のことをすごく褒めていたよ!」と本人に直接伝えます

 

直接褒められるよりもこの方が数倍嬉しいですよね!

 

まとめ

上記でも述べたように最近では自分に自信のない方が非常に多いです。

なので、仕事をするときも自分に自信がなくてあまりはかどらなかったり、

 

上司に怒られているときも「どうせ自分は」という風に思ってしまって

仕事をするのがになってしまうことが多いです。

 

そんな新入社員たちに自信を与えて仕事がはかどるようにしてあげるのも

上司の役目ですよね!

 

新入社員たちが早く一人前になってくれるといいですね!!

 

 

こちらも関連しているものです↓

部下を注意する時に気を付ける事!部下に好かれる上司とは?心理学

スポンサーリンク