会社へ入社して仕事をしていくうえでもちろん初めのころは新入社員の方たちはミスをたくさんすることがあると思います。

もちろんミスをしないのが一番いいのですが、新入社員にミスはつきものです。

ミスをしたときに正しい謝り方を覚えておくと、ミスをしてしまっても上司から大目に見てもらえたりします。

しかし、いつも「すみません」だけでは「本当に悪いと思っているのか?」と思われてしまったりします。

ですが、「じゃあどうすればいいの?」と思っているそこのあなた!

事前に備えておけば、いざ謝るとなった時にも困りません!

上司との関係を修復していくうえでも謝り方というものはとても重要になってきます。

今回はついつい許してしまう!そんな謝り方について紹介していきます!

 

謝ると起こる変化

 

怒りの軽減

ショックの緩和

・改善できそうという期待

基本的に新入社員が謝る場面は上司に怒られる場面です。

上司が怒っていることに気づいたらすぐに謝りましょう

すぐ謝ることによってショックの緩和をすることができ、状況が悪化することを避けることができます。

謝ることによって上司は改善してくれると期待をしてくれるでしょう。

しかし、謝り方を間違えてしまうと状況が悪化してしまうことがあります。

状況が悪化してしまう例をあげてみましょう。

謝っているのに許されないパターン

謝罪の言葉がない

部下が上司に教えてもらったことをいざ一人で実践した見たときを例に挙げてみましょう。

上司に言われたとおりにやった部下でしたが、きちんと機械が動きませんでした。

部下「きちんとこれをこうしてやったんですけど、動かないみたいで。どうしたらいいですか?」

 

いわれたとおりにやったことは伝わりますし、改善しようという意思表示はできていますが、

いわれたとおりにやったのにできないという言い方は、上司が悪い人のせいにしているようにとらえられてしまうかもしれません。

まず謝罪の言葉がないのが大問題です。自分のミスに対してまず初めに素直に謝りましょう

・自分に責任を感じていない

部下が同僚と一緒に作業をしていた時に上司がミスを発見したときを例に挙げてみます。

同僚と一緒にまじめに作業をしていたのですが、見逃していたところがありました。

部下「すみません。○○さんに確認してみます」

 

きちんと謝罪の言葉はありましたが、自分に責任を感じておらず同僚のせいにしようとしていると思われても仕方がないですね。

それに、この謝り方だと、自分は悪くないと言っているようにもとらえられます。

自分が悪くても悪くなくても、まず初めに謝るようにしましょう。

素直に謝ることが何よりも重要です。

表面上で誠意が感じられない

部下が上司に教えてもらったことをいざ一人で実践した見たもののミスをしてしまった例に挙げてみます。

「それはすいませんね。どうしたらいいのか教えてくれませんか。」

 

きちんと謝っていますし、改善しようという意思も感じられます。

しかし、これではきちんと誠意は伝わりません。

謝罪をするとき大事なポイントは4つあります。

この4つがきちんとそろわないとどう頑張っても誠意は伝わりません。

 1.伝えた順番

まず初めに謝罪をしましょう。

そして原因などをきちんと説明したうえで、改善する意思を伝えてください。

最後にもう一度謝罪をしましょう。

 2.声の高さ

低い声で謝罪をすると暗く見えてしまいますし、やる気がない表面的な謝罪に見えてしまいますので、少し高めの声を意識しましょう。

そして、ぼそぼそと話すのではなくハキハキと話しましょう。

 3.選ぶ言葉

例3のように「すみませんね」など余分な「ね」を入れたりしないでください。

少し挑発的にとらえられたりすることもあります。

選ぶ言葉の一つ一つでこちらの誠意があるかないかが判断されます。

 4.表情と雰囲気

無表情だと誠意が伝わりません。すこしキリっとした表情を意識しましょう。

笑顔だとふざけているように思われてしまうので、気を付けましょう。

 

言い訳は一切せず、ただ謝る!自己弁護なんかしない!!

少しでも自己弁護をしてしまうと、「本当に悪いと思っているのか?」「自分に責任があることを感じているのか?」と謝罪に対する誠意を疑われてしまいます。

言い訳自己弁護はすればするほどあなたの首を絞めます。絶対にやめましょう。

 

 

まとめ

謝罪に大事なのは誠意責任を認めるというところですね!

謝罪でしてはいけない事は言い訳をすること、責任を他人に押し付けることです!

表面上で謝っているように見えてしまってはどんなに頑張って謝ってもすべて台無しになってしまいます。心から謝りましょう!

上手に謝ることができる部下はやる気があるように見えますし、きちんと責任感があることが伝わります。

潔く認めて改善しようとしている姿はとてもすがすがしいですし、また教えたい!と上司に思ってもらえるでしょう!

スポンサーリンク